トップ

中小企業の経営を担う法律家

会社法や知的財産法といった企業の運営に必要不可欠である法律の知識を必要とされます中小企業診断士は、それらの企業の経営課題に対応するための診断や助言を行う専門家です。この資格は、5年の有効期限がある。新しい知識の補充に関する要件や実務の従事要件を満たした上で、登録の更新が必要となります。この資格は、名称独占とする規定は法律上はありませんが、名称独占資格とされる場合が多いです。なぜなら、国家資格である以上、登録がなければ、その名称を使用してはならないからです。この資格のメリットは、経営コンサルタントとしての力を向上する事ができる点です。

中小企業診断士に求められること

中小企業診断士の仕事内容は多岐にわたっています。具体的には企業経営・財務会計・運営管理・IT・法律・経済等に関するものがあります。この中でも法については、六法以外のものの知識が必要になってきます。例えば、金融商品取引法・独占禁止法・知的財産である特許法等が挙げられます。この様なことから、この仕事は企業活動について幅広い専門的な知識が必要になってきます。そうすることで、企業が新規の事業等を行う場合に多くの法規に対応することができます。また、この法律の仕事は、法務の専門家と協力しあって業務を行うことも多くあります。

中小企業診断士の情報